So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

冬のファンタジー [日記]

私とよがさんの初対面。
私からの印象は、「この人とは長い付き合いになるだろうな(恋人友達関係無く)」よがさんからの印象は、「(私が)愛に飢えている顔をしていた」んだそうです。
一目惚れだったんだって、キャ★

私には切り札…つまりJokerのカードがあった。
秋に、合コンで聞いたこと…。
「川崎の甘太郎にカップルで来ると、優先的に外が見えるカウンター席に通してくれる」
しかもよがさんからは「川崎なら○○さんのほうが良く知っているでしょうから、お店はお任せしますよ」と言われてる。
これは使わない手はない!
私は何も迷わず彼を川崎駅前の甘太郎に連れていった。
ちょっと待たされたけど、「千切りキャベツには醤油が合う」という、そんな話を熱心に交わしていた。
「(旧姓)様~、お通しで~す」
やっと中に入れた。
イヒヒ。
やっぱりカウンター席だ♪

深々と降る雪…。
DICEなんて駅ビルはなくて更地で、目の前は一面の銀世界と街角のイルミネーションが輝いていた。

メニューを見て、しゃぶしゃぶの食べ放題とジョッキを2つ頼んだ。
思えば女の子が会っていきなりジョッキとははしたない…。
それまで外食なんてしたことほとんど無かった私はよがさんにしゃぶしゃぶの食べ方を教わった。

ゲームの話をしてて…たしかよがさんがCAPCOM派で私がSNK派で、格闘ゲームの話をしてた気がする。
話に夢中になっちゃって、食べ放題なのに最初の一皿しかしゃぶしゃぶ食べなかったし、ビールもジョッキ一杯だけだった。

それからゲーセンに行き、ツーデラと運命の出会いを果たす。
ファイナルカウントダウンのゴリ絵ですっかり気に入ってしまった。
この時はまだよがさんのプレイを見ているだけだった。
それからDDRも二人でやったね。
どんな選曲だったかは忘れちゃったけど。
楽しかったなぁ~。

最後、バス停まで私を送ってくれたんだけど、よがさんはいきなり私の手をギュッ★
まだ付き合うとは決めてなかったけど、嫌じゃ無かったからそのまま手を繋いでた。
あとでよがさんに聞いたら、「え~い、ここで手を繋いじゃえ!」って勢いだったそうですf(^_^)

こうして、二人はリアルに出会ったのでした。

続く。


2007-08-31 15:25  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。